ピアニストの関孝弘さん(提供写真)

 イタリア政府から文化功労勲章を受けたピアニスト関孝弘さんが、2月14日午後2時半から佐賀市文化会館でリサイタルを開く。イタリアのピアノ作品に造詣の深い関さんが、透明な響きの美しさで魅了する。

 関さんは東京芸術大学大学院を修了し、イタリアのブレーシャ国立音楽院に留学。ザンボーニ国際コンクール第1位など数多くの国際コンクールで上位入賞した。2006年に出版した『これで納得! よくわかる音楽用語のはなし』(全音楽譜出版社)は23刷に達し、中国語にも翻訳されている。

 11年、イタリアの音楽文化を広めた功績でイタリア政府から文化功労勲章「コメンダトーレ章」、14年には同国のフィナーレ・リーグレ市から名誉市民の称号が授与された。

 関さんがピアノ叙情小曲集を出版したイタリアの作曲家ヴェッキアート、同国出身のスカルラッティの曲も披露。ショパンの「ノクターン」やシューマンの「謝肉祭」などの名曲も演奏する。

 チケットは全席指定4800円。問い合わせはRO♪ONクラシックの会、電話0952(26)2361。(花木芙美)

このエントリーをはてなブックマークに追加