佐賀バルーナーズの熱戦を伝える佐賀新聞の紙面を眺める来場者=佐賀市のSAGAサンライズパーク総合体育館

 佐賀バルーナーズの後半戦初戦となる山形ワイヴァンズとの連戦は、佐賀新聞社がマッチスポンサーを務め、オリジナルグッズの配布や特集紙面の掲示などで会場を盛り上げた。

 23日は来場者に選手の写真付きカードを配布し、佐賀新聞電子版の登録者には、チームのマスコット「バルたん」とのコラボキーホルダーをプレゼントした。佐賀市の緒方隆介くん(11)と稜真くん(7)は「相馬(卓弥)選手のカードが当たってうれしい。たくさんスリーポイントを決めてほしい」と満面の笑みを浮かべた。

 特設ブースでは、佐賀バルーナーズの今季前半戦の熱戦を伝える紙面を一堂に紹介し、試合前には来場者が足を止めて見入っていた。佐賀市の女性(48)は「紙面でバルーナーズの活躍はよく見ている。B1昇格を達成できるよう、もっともっとチームを盛り上げてほしい」と話した。(井手一希)

このエントリーをはてなブックマークに追加