佐賀バルーナーズ-山形ワイヴァンズ ゴール下に攻め込む佐賀バルーナーズの德川慎之介=SAGAサンライズパーク総合体育館

 佐賀バルーナーズ唯一の地元出身選手・德川慎之介(唐津東高卒)が躍動した。自身今季最多で、両チームの日本人選手の中で2番目となる9得点を記録した。だが試合に敗れ、德川は「自分の求められている仕事は守備で結果を残すこと。チームにエネルギーを与えるプレーができなかった」と悔やんだ。

 立ち上がりから持ち味のアグレッシブな守備を見せ、こぼれ球を拾うと、果敢にドリブルで仕掛けて得点を奪った。リバウンド「5」を記録するなど攻守で活躍したが、「不用意なファウルが目立ってしまった」と課題を口にした。

 24日の山形戦に向け、德川は「勝つことが最低条件。コロナ禍という苦しい状況の中でも来てくださる皆さんが楽しめるよう、チームに勢いを与える守備を見せたい」と気持ちを新たにした。(井手一希)

このエントリーをはてなブックマークに追加