佐賀県は23日、10~60代の男女10人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。鳥栖市の鳥栖商業高校では同日までに女子生徒5人の感染が判明し、県はクラスター(感染者集団)が発生したとの認識を示した。県内での感染確認は延べ886人になった。

 県や県教委によると、同校では22日までに4人の感染が確認され、23日に新たに1人の感染が分かった。高校でのクラスターは3校目。生徒同士の関係性については調査中としている。

 県は前日に感染が判明した18人の概要も説明。クラスターが発生した唐津市のグループホーム「みかんの里」は入所者と職員各1人が新たに陽性と分かり、感染者は計10人となった。

 九州電力は同日、玄海原発(東松浦郡玄海町)の工事に従事する請負会社の40代男性社員1人が新たに感染したと発表した。原発の運転や定期検査に影響はない。(古川公弥)

 県内で23日に感染が確認された人は次の通り。

 【佐賀市】10代男性、10代女性、40代男性、40代女性、60代男性【唐津市】40代男性、60代男性【鳥栖市】10代女性【基山町】10代女性【久留米市】50代男性

【関連記事】

このエントリーをはてなブックマークに追加