2011年の東日本大震災以降の主な災害で、被災者が入居した仮設住宅の64%が、賃貸住宅を自治体が借り上げる「みなし仮設」の形式だったことが23日、内閣府への取材で分かった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加