新シーズンへ向け、抱負を語るJ1川崎の鬼木監督=23日(ユーチューブから)

 昨季J1と天皇杯全日本選手権の2冠を達成した川崎は23日、オンラインで新体制を発表し、就任5季目の鬼木監督は、2年ぶりのアジア・チャンピオンズ・リーグ(ACL)にも挑む新シーズンへ向け「リーグ連覇と、ACLの制覇にチャレンジしたい」と大きな目標を掲げた。

 昨季限りで引退した中村や海外へ移籍した守田が抜けた中盤には、名古屋からシミッチや桐蔭横浜大の橘田らを新たに加えた。過去8強が最高のACL制覇を目指す上で、即戦力として期待される橘田は「運動量を生かしてボールを奪取し、持ち上がって、チームの勝利に貢献したい」と意気込んだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加