女子100メートル自由形で55秒35の4位に入った池江璃花子=東京辰巳国際水泳場(代表撮影)

 白血病からの完全復活を目指す競泳女子の池江璃花子(ルネサンス)が23日、東京辰巳国際水泳場で行われた北島康介杯で今年初レースに臨み、100メートル自由形で東京五輪代表選考会を兼ねた4月の日本選手権の参加標準記録を上回る55秒35で泳ぎ、4位となった。順調な回復ぶりを示したが「東京五輪を目指すというわけではなく、目の前のことに集中して、落ち着いて練習を積んでいきたい」と慎重に語った。

 20歳の池江は入院生活を経て昨年8月、約1年7カ月ぶりに実戦復帰した。2024年パリ五輪を目標に掲げ、東京五輪はいったん断念したが、1年延期となった大舞台への道も見えてきた。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加