新型コロナウイルスの抗体開発について説明する島根大の浦野健教授=23日、島根県出雲市

 島根大と長崎大は23日、体内に入った新型コロナウイルスにくっつき、ウイルスが細胞に侵入して増殖するのを防ぐ抗体を5種類、開発したと発表した。治療薬や感染予防用マスクなどへの応用を進めたいとしている。

 島根大の浦野健教授(病態生化学)らはウイルス表面のタンパク質をマウスに投与し、体内でできた14種類の抗体を精製。長崎大の森田公一教授(ウイルス学)の実験で、このうち5種類がウイルスに強く結合できることが分かり、遺伝情報を特許出願した。

 今後は改良し新薬を目指す。またマスクの開発も進行中で、フィルターに抗体を組み込みウイルスを捕らえる機能の実現を図る。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加