Jリーグは22日、今季の詳細日程を発表した。J1参戦10年目の鳥栖は2月27日の第1節で湘南(午後3時、レモンS)、3月6日の第2節で浦和(午後3時、駅スタ)と対戦。5年ぶりにJ2から昇格した福岡との九州ダービーは3月21日の第6節(午後2時、駅スタ)で、最終戦は12月4日、ホームに神戸を迎える。

 アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)との兼ね合いでJ1第11節の川崎―C大阪、名古屋―G大阪は3月3日に変則的に組み込まれた。

 東京五輪のため7月11日までの第22節から中断し、第23節は8月9日に行う。五輪会場の味の素スタジアムを本拠地とするFC東京は中断期間の前後に7試合続けて敵地で戦う。

 YBCルヴァン・カップは1次リーグが3月2日に始まる。前回覇者のFC東京はB組に入った。決勝の日時は未定。

 J2とJ3も五輪の中断期間を設け、12月5日が最終節となる。

このエントリーをはてなブックマークに追加