江北町上小田の天子社で144年前に途絶えた流鏑馬(やぶさめ)神事が、地域住民の手で復活する。同地域で馬を飼い、射手の経験もある会社員永松良太さん(33)が発起人となり、氏子の住民が協力。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加