ホワイトハウスで記者会見する米国のサキ大統領報道官=22日、ワシントン(AP=共同)

 【ワシントン共同】サキ米大統領報道官は22日、トランプ前大統領が離脱した環太平洋連携協定(TPP)への早期復帰に慎重な姿勢を示した。協定内容を「より強化し、改善する必要がある」と説明。新型コロナウイルスで打撃を受けた国内経済の回復を優先し、通商協定は後回しになるとの方針を改めて示した。

 サキ氏は記者会見で「大統領は協定内容が完全ではないことを認識している」と強調し、再加入する環境が整っていないとの見方を示した。雇用への悪影響など労働者層の懸念が念頭にあるとみられる。

 バイデン氏はオバマ政権時に副大統領としてTPP交渉を支えた。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加