国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は22日、各国・地域の国内オリンピック委員会(NOC)とオンラインで意見交換し、大会開催への固い決意を重ねて示した。出席した日本オリンピック委員会(JOC)の山下泰裕会長によると、NOCから開催への懸念の声は上がらなかったという。

 山下会長によると、バッハ会長は英紙タイムズ(電子版)による「日本政府が中止せざるを得ないと内々に結論付けた」との報道を「フェイクニュース」と否定した上で、日本の準備状況を高く評価。NOCに対し、大会への準備に関するアンケートを近く行う方針を示した。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加