スタッフ会議に出席した(左から)巨人の原監督、宮本投手チーフコーチ、桑田投手チーフコーチ補佐=22日、東京都内(球団提供)

 巨人の原辰徳監督は22日、東京都内でのスタッフ会議後にオンライン取材に応じ、新型コロナウイルス感染拡大の影響で来日が遅れている新外国人選手のスモークとテームズの合流が2月下旬になるとの見通しを示した。「早ければ2月の終わりくらいには全ての人間が合流するのでは、と思っている。願わくばもう少し早く合流してもらいたい」と語った。

 会議ではキャンプの方針を確認。ベテラン組の「S班」に主力の多くが入り、宮崎市の1軍本隊は若手主体になる。「レスト(休息)が大事な選手もいるし、鉄は熱くという中でがんがんと構築していく、たたくというグループもある」と説明した。

このエントリーをはてなブックマークに追加