キャッチボールをするヤクルト・奥川=埼玉県戸田市(代表撮影)

 ヤクルトの奥川恭伸投手が22日、2年目で初めて1軍でのキャンプインが正式に決まり、埼玉県戸田市の戸田球場での自主練習後に意気込んだ。「とてもうれしい。少し緊張すると思うが、いろいろと聞ける環境。その中でしっかりアピールしていきたい」と初々しく語った。

 夏の甲子園大会で石川・星稜高を準優勝に導き、ドラフト1位で入団した昨季は右肘に軽い炎症が見つかり2度、投げる練習を控える時期があった。球団主導で故障防止と体づくりに努めており「今は痛いところもなく、不安はない。投げられるならたくさん投げたい。どんどん量を増やしていけたら」と話した。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加