オーストラリア・オリンピック委員会(AOC)は22日、新型コロナウイルスの影響で開催に懐疑論も出ている今夏の東京五輪に、予定通り選手団を派遣する意向を表明した。選手、関係者の安全な渡航や競技実施に向け「計画を続行する」との声明を出した。

 同国北東部のクイーンズランド州を会場として検討している2032年夏季五輪招致についても、引き続き活動を続ける考えを示した。

 カナダ・オリンピック委員会(COC)のシューメーカーCEOはツイッターで英紙タイムズ(電子版)の報道を受け「カナダ五輪委は大会の安全な開催が可能と自信を持っている」と声明を出した。(共同)

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加