総務省=東京・霞が関

 総務省が22日発表した2020年平均の全国消費者物価指数(15年=100、生鮮食品を除く)は、前年比0・2%下落の101・5だった。マイナスは16年以来、4年ぶり。新型コロナウイルス感染拡大を受けた政府の観光支援事業「Go To トラベル」による宿泊料の下落や原油安が響いた。

 同時に発表した20年12月の指数は前年同月比1・0%下落の101・1で、5カ月連続のマイナスだった。下げ幅はリーマン・ショック後のデフレ下にあった10年9月以来、10年3カ月ぶりの大きさとなった。

 20年平均の品目別では、調査対象の523品目のうち125品目が下落した。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加