核兵器の開発から使用までを全面禁止する初の国際規範になる「核兵器禁止条約」が1月22日に発効する。核保有国や日本が批准していないなどの課題はあるが、核なき世界の実現へ向けた新たなページが開かれる。核兵器廃絶や平和な世界の実現を求めて署名活動などを行う高校生平和大使の川﨑花笑(はなえ)さん=鹿島高2年=は「歴史の一つになる節目。平和について考えるきっかけにしてほしい」と関心の高まりに期待を寄せる。(聞き手・中島幸毅)

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加