六花亭製菓が協力する「AAR Japan」のチャリティーチョコレート。パッケージの花の絵はシリア難民の子どもたちが描いた(提供写真)

六花亭製菓が協力するAARJapanのチャリティーチョコレート。1箱で4つの味が楽しめる(提供)

 バレンタインやホワイトデーに合わせ、国際NGOの難民を助ける会(AAR Japan)はチャリティーチョコレートを販売している。3月末まで。

 パッケージの花の絵は、シリア難民の子どもたちが描き、チョコレートは北海道帯広市の六花亭製菓が製造。ミルク、ホワイト、抹茶、モカの4枚入りで税込600円。1箱分の純益は約200円で、難民キャンプでの新型コロナ対策や教育支援に充てる。

 同会佐賀事務所(佐賀市)の大室和也事務所長(37)は「食べて支援につながる。買った人からもらった人へ、難民支援の意識が広がれば」と話す。

 2月3日までに注文すると、同13日までに郵送する。10個以上の購入で、支援する子どもたちの写真集をプレゼントする。

 申し込みは同会、電話03(5423)4511。ホームページからでも購入できる。(森田夏穂)

このエントリーをはてなブックマークに追加