佐賀を代表する伝統工芸「佐賀錦」の後継者を育てる初心者講習会が27日、佐賀市の旧福田家で始まった。市内在住者ら13人が、11日間をかけて基礎を学び、美しい幾何学模様を織り上げる技術の習得を目指す。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加