ほ乳類の細胞内にある体内時計の遺伝子の一つ「ピリオド」が、従来の定説とされる活性化遺伝子を抑制する機能ではなく、別の抑制する遺伝子の調整役を担う働きをすることを、佐賀大と山口大の共同研究チームが発見…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加