佐賀県内の感染状況(1月21日現在)

 佐賀県は21日、10歳未満~90代の男女26人の新型コロナウイルス感染を新たに確認したと発表した。佐賀市の佐賀学園高校で陽性と判明した関係者は同日までに9人に上り、県はクラスター(感染者集団)が発生したとの認識を示した。県は対策本部会議で、佐賀学園高と佐賀工業高のクラスターは屋内球技の部活動で感染が広がったという見解を示し、県内の学校に対策の徹底を呼び掛けた。

 県や佐賀学園高によると、同校で感染が確認された9人の内訳は生徒8人、教職員1人で、いずれも同じ部活動に関わっている。19~20日に生徒5人、21日に生徒3人と職員の感染が分かった。職員は19日から自宅で療養し、21日の前期入学試験には携わっていない。19日から始めた全校生徒の自宅学習は22日まで続け、状況次第で延長する。

 佐賀学園高と佐賀工高ではそれぞれ屋内球技の部活動がクラスターに関係しており、落合裕二教育長は対策本部会議で「競技の合間の休憩時間や更衣室での行動、道具やものを介した感染リスクを防ぐための対策を徹底するよう各学校に伝えていきたい」と強調した。

 佐賀学園の関連では、練習試合をしていた他校にも調査範囲を広げる。

 一方、九州電力は、玄海原発(東松浦郡玄海町)の構外での工事に携わる請負会社の社員1人が新型コロナに感染したと発表した。唐津市の10代男性で、原発の運転や定期検査への影響はないと説明している。

 県によると、県内での感染確認は延べ858人になった。(円田浩二)

 県内で21日に感染が確認された人の内訳は次の通り。

 【佐賀市】10代男性2人、10代女性、20代男性、20代女性、40代男性、80代女性【唐津市】10代男性、20代男性2人、50代女性、90代女性【鳥栖市】10歳未満男児、10代女性2人、20代男性、20代女性、30代男性、40代男性【武雄市】50代女性【鹿島市】10代男性【嬉野市】20代男性【吉野ヶ里町】40代女性【上峰町】80代男性【有田町】40代女性、50代男性

【関連記事】

<新型コロナ>看護師を緊急募集 佐賀県、新型コロナ対応の療養施設

<新型コロナ>ワクチン先行接種、佐賀県内は3医療機関

帰郷後の感染判明相次ぐ 年末年始の高校バスケ、バレー

<新型コロナ>登校中に「なぜ学校に行くのか」 クラスター確認の佐賀工高生に中傷

このエントリーをはてなブックマークに追加