探鳥日記・アオサギ

 アオサギは川や海、田んぼや畑などいろんな所にいます。体が大きな野鳥なので見たことがある方も多いのではないでしょうか。

 首と足が長くスタイルのいい鳥で、ツルの姿に似ているため時々間違われたりします。餌は魚やカエル、昆虫やネズミなど何でも食べます。

 干潟でムツゴロウを狙うときは、穴から出てくるまで微動だにせず何分も同じ姿勢で待っているので「あの鳥は作り物?」と思われることもしばしばです。

 野鳥観察会では、動きが少ないアオサギは格好の観察対象で、望遠鏡で見ると意外とりりしい姿に皆さんとても驚かれます。(日本野鳥の会佐賀支部)

このエントリーをはてなブックマークに追加