慢性腎不全患者が受ける人工透析の費用を公費で負担する「自立支援医療費」を会計検査院が調べた結果、2012年度、国や16道府県、市町村など235事業主体から医療機関に、計約4億2千万円が過大に支払われ…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加