日銀の黒田東彦総裁は21日、金融政策決定会合後に記者会見し、大規模な金融緩和の長期化を見据えて実施している政策の点検について「費用対効果の面で効果的な運営を模索する」と述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加