20日までに生徒9人の感染が確認された佐賀工高。生徒や学校に対して誹謗や中傷などが寄せられているという=佐賀市の同校

 佐賀県内の小中高校で初めて新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が確認された佐賀市の佐賀工業高で、学校や生徒に対して「なんで学校に行けるの」「どんな指導をしてきたのか」などの誹謗(ひぼう)中傷が寄せられている。専門家は「感染した人を敵視したり、批判したりするのは筋違い」と話している。

 佐賀工業高には19日午前中から、数十件の電話が寄せられたという。学校が生徒に行った聞き取りでは「通学する列車の中で避けられた」「制服で佐賀工業高の生徒だとすぐに分かる。周囲からの目線が気になった」などの声が上がった。保護者から「職場にしばらく来ないでくれと言われた」という連絡もあったという。

 同校は19日から、感染が確認された1、2年生をオンライン授業にしたが、20日からは3年生でも実施するように切り替えた。生徒たちには、会員制交流サイト(SNS)で誤解を招く内容を書かないことなどを指導していくとしている。副島政史校長は、これまで以上に感染対策を徹底していくとした上で「安全で安心した生活を早く取り戻せるようにしていきたい」と話した。

■「自分事として捉えて」

 人権問題を研究する佐賀大教育学部の吉岡剛彦教授(法哲学)は「感染した人をウイルスと同一視する傾向がなかなか改まらない」と指摘し、「誰が感染してもおかしくない状況で、自分が攻撃対象になる可能性もある。自分事として捉えてほしい」と警鐘を鳴らす。(小部亮介)

【関連記事】

<こちら報道部>学校名、報じる理由 感染拡大防止へ正確な情報

<診察室から>感染者を責めてはいけない コロナ禍の差別、偏見

<コロナ禍の人権>(上)追い詰められる感染者 うわさ話「人間不信に」

<新型コロナ>感染者への中傷、佐賀県内でも 嫌がらせ、面会拒否も

<新型コロナ>病院襲う感染デマ 「おたくやろ」「来ないで」憶測で詰問伊万里や嬉野 中傷、偏見…家族にも 

このエントリーをはてなブックマークに追加