米大リーグ、レッズの秋山翔吾外野手が20日、メジャー2年目に向けて静岡県下田市で行ってきた合同自主トレーニングを終了したとマネジメント会社が公表した。ソフトバンクの上林誠知外野手らと12日から実施してきた練習を無事に終えた。秋山は成長を実感できているそうで「百点かもしれません」とコメントした。

 昨季は54試合で打率2割4分5厘。球を強く打ち返す必要性を痛感しただけに「フォームというよりも強く振るということをこのオフ、テーマにして練習してきた」と明かした。

このエントリーをはてなブックマークに追加