介護サービスの苦情処理委員を務める西九州大健康福祉学部長の倉田康路教授(47)が、事例や改善に向けた提言を本にまとめた。苦情を訴える家族の葛藤や、事業者に共通する課題などを実証的に解説している。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加