日本維新の会代表の松井一郎大阪市長は20日、新型コロナウイルスのワクチン接種を国内で今夏までに終えるのは不可能だとして、東京五輪開催は困難との認識を示した。「後ろ倒しを目指して交渉すべきだ」と市役所で記者団に述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加