教員の長時間労働の軽減策の一つとして、「部活動指導員」の導入が佐賀県内で進んでいる。外部の人材が中学や高校の部活で顧問を務める仕組みで、2020年度初めには15市町の中学校で47人が採用されている。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加