唐津市鎮西町の名護屋小の校内相撲大会が24日、60回目を迎えた。神社での奉納相撲や村相撲が盛んだった土地柄。祖父や父親の力自慢ぶりを受け継ぐ子ども力士に「よっ、横綱っ」と声援が飛び交っていた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加