表彰状を手に笑顔を見せる龍谷高の森悠人さん=佐賀市の佐賀西高

佐賀県高野連の渡邊成樹会長から表彰状を受け取る森悠人さん(右)=佐賀市の佐賀西高

 日本学生野球協会の2020年度の表彰選手に、佐賀市の龍谷高3年の森悠人さんが選ばれた。表彰伝達式が18日にあり、森さんは「これを糧にこれからも頑張っていきたい」と喜んだ。

 昨夏は新型コロナウイルスの影響で全国高校野球選手権佐賀大会が中止になり、代わりにSSP杯県高校スポーツ大会の種目の一つとして行われた。森さんは主将としてチームをまとめるだけでなく、中堅手や俊足を生かした攻撃で優勝に貢献した。

 3年間で初めてレギュラーで出場したのがSSP杯だったという森さん。「想像していたよりもいい結果を残すことができて、とても満足している」とさっぱりした笑顔を見せた。

 現在はボートレーサーになるため、5月にある養成所試験に向けて減量や勉強に励んでいる。「野球の厳しい練習に耐えてきたので頑張っていけると思う」と力を込めた。

 表彰は各都道府県の高校野球連盟から推薦を受けた今春卒業の野球部員らが対象で、全国の高校生47人と大学生26人が受賞した。伝達式は県高野連事務局がある佐賀西高で開かれた。(草野杏実)

このエントリーをはてなブックマークに追加