途中出場のFW播戸がシュート性のボールでエースの決勝弾をお膳立てした。播戸は「鳥栖の一員として勝利に貢献したかった。短い時間でも何かを残せる自信はあった」と胸を張った。 0-0で迎えた後半43分。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加