J1参戦10年の節目となるサッカー・J1サガン鳥栖は18日、2021シーズンに向けて、新チームでの練習を開始した。昨季に続いて指揮を執る金明輝(キン・ミョンヒ)監督は「昨年の順位(13位)を上回る自信はある。ファン・サポーターに勝利を届けるというところを大前提に、チームづくりをしていく」と意気込みを語った。

 練習は新型コロナウイルス感染対策のため、非公開で行われた。クラブによると、新加入選手らが参加し、初日から2部練習で汗を流したという。チームは鳥栖での練習後、25日から約3週間の日程で沖縄キャンプに入る予定。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加