サッカー・J1サガン鳥栖は18日、新型コロナウイルスに感染した2選手の濃厚接触者と認定されたほかの選手8人にPCR検査を行った結果、全員の陰性が確認されたと発表した。濃厚接触者は陰性の場合も最終接触日から2週間の隔離が必要となるため、8選手は隔離期間経過後に順次チームに合流する。
 サガン鳥栖はチーム始動前の15日に、選手2人の新型コロナウイルス感染が確認されていた。

このエントリーをはてなブックマークに追加