河野太郎行政改革担当相は18日、自身が東京五輪・パラリンピック開催中止の可能性に言及したとの海外メディア報道を巡り、ツイッターで釈明した。「世界的な新型コロナウイルスの状況を見れば、今後起こり得ることを考えて、さまざまな対応策を考えておくのは当たり前のことではないか」と投稿した。

 同時に「一部だけ(自身の発言を)切り取って曲解して流すのは、メディアの矜持が問われる」と主張した。

 河野氏を巡っては、ロイター通信が「(無観客の可能性を含めて)五輪に備えて最善を尽くす必要があるが、どちらに転ぶかは分からない」とのインタビュー発言を報じた。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加