日本中学校体育連盟(中体連)は18日、新型コロナウイルスの感染再拡大を受け、今月末から2月にかけて行う予定だったスキー、スケート、アイスホッケーの冬季の全国中学校体育大会を中止すると発表した。中体連によると、冬季大会の中止は史上初めてという。

 スキーは長野県野沢温泉村(2月3~5日)、スケートは長野市(1月30日~2月2日)、アイスホッケーは青森県八戸市(2月5~7日)で行われる予定だった。

 11都府県で緊急事態宣言が発令される中、中体連は臨時理事会で中止を決定。理由として、全国で感染者が過去最大となっている地域が多数出ている―などを挙げた。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加