スーパーカップ決勝でレッドカードを受け退場するメッシ=セビリア(AP=共同)

 サッカーのスペイン1部リーグ、バルセロナのアルゼンチン代表FWメッシが17日、ビルバオとのスーパーカップ決勝で延長終了間際にレッドカードを受け、クラブ通算753試合目で初の退場処分となった。ボールのないところで相手を手で振り払った場面が暴力行為と判定された。試合は2―3で敗れ、ビルバオが優勝した。

 代表では2005年のデビュー戦と19年の南米選手権で退場している。(AP=共同)

このエントリーをはてなブックマークに追加