広島で被爆し、12歳で亡くなるまで鶴を折り続けた佐々木禎子さん=1955年10月死去=の遺族らが、原爆に翻弄された人々の人生を追ったドキュメンタリー映画「折り鶴のキセキ(仮題)」の撮影を進めている。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加