幼児から中学生までの書道作品を展示する「佐嘉・松原神社新春奉納書道展」が、佐賀市の松原神社で開かれている。最優秀賞から銅賞までに選ばれた約400点が並び、訪れた人の目を楽しませている。31日まで。

 県内外から約1千点の応募があった。境内には「初もうで」「ふじ」「希望の年」などと書かれた作品が展示されており、親子連れが鑑賞したり、記念撮影したりしていた。

 17日は佐嘉神社記念館で表彰式があった。最優秀賞の佐嘉・松原神社大賞に輝いた東与賀中3年の村岡初姫さん=佐賀市=は「字のバランスを心がけた。将来は書道の先生になりたい」と話した。(円田浩二)

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加