【GK】
昨季途中にJ1横浜Mから期限付きで加入した朴一圭を、完全移籍で獲得した。的確なコーチングと広い守備範囲、高い足元の技術でビルドアップの起点にもなっており、チームに欠かせない存在だ。ハイボール処理やシュートストップに優れる守田とともに、GKの主軸になる。

【DF】
カバーリング能力の高いセンターバックのエドゥアルドが残留したことは大きい。昨季主力の原、森下、宮が移籍した一方、J1清水から経験豊富な黄錫鎬、J2栃木から185センチの田代、中央大から松本、今掛を獲得した。左サイドバックは、積極的な攻撃参加が持ち味の内田に加え、2種登録の高校生・中野や、育成出身の2年目・大畑も成長著しく、ポジション争いが激しくなりそうだ。

【MF】
J1横浜Mから攻撃センスに優れた仙頭が加入、京都橘高でコンビを組んだ小屋松とともに、チャンスメークに期待がかかる。原川が抜けたボランチは、J1大分から島川、J2大宮から酒井を獲得して補強した。豊富な運動量を誇る松岡や、背番号「10」を引き継いだ樋口、昨季3得点の本田ら育成出身の若手は、昨季実戦経験を積んで大きく成長した。高橋、梁勇基らベテランは、精神面でもチームを引っ張る。

【FW】
趙東建、レンゾ・ロペス、チアゴ・アウベスの外国人助っ人や、レンタル中だった金崎がチームを離れ、前線の顔ぶれは大きく変わった。大卒ルーキーながら昨季チーム最多の9得点を挙げた林は、背番号「8」を付け、今季もエースとして攻撃をけん引する。J2千葉から加入する山下は、184センチと長身でポストプレーもこなせる。在籍12年目の豊田とともに、高さを生かした攻撃も武器になりそうだ。昨年末のU-18クラブユース選手権で日本一に輝いた相良、兒玉が、トップチームで見せるプレーにも注目したい。

このエントリーをはてなブックマークに追加