サガン鳥栖の2021シーズンのユニホーム(サガン・ドリームス提供)

サガン鳥栖の新シーズンのユニホームデザイン

サガン鳥栖の新シーズンのユニホームデザイン(GK)

 サッカー・J1サガン鳥栖は16日、新シーズンのユニホームデザインを発表した。胸部スポンサーには、昨季終盤に引き続いてIT企業の「木村情報技術」(佐賀市)が入り、袖は佐賀新聞社、鎖骨部分は竹下製菓(小城市)が継続する。

 ファーストユニホームのデザインは、鮮やかなサガンブルーをベースに、ピンク色でデジタルの迷彩柄をあしらった。セカンドユニホームは白地に、ピンクとブルーのボーダーをデザインした。

 木村情報技術の木村隆夫代表取締役はクラブを通じ「胸スポンサーを継続させていただくこととなり、大変名誉あることと光栄に存じます。サガン鳥栖を優勝できるチームに育てていくことができれば最高だと思っております」とコメントした。(山口源貴)

このエントリーをはてなブックマークに追加