クロアチア戦でガッツポーズするGK岩下祐太(トヨタ紡織九州)=アレクサンドリア(田口有史/JHA提供・共同)

 ハンドボール男子の世界選手権は15日、エジプトのアレクサンドリアなどで行われ、1次リーグC組の日本は初戦で前回大会6位の強豪クロアチアと29―29で引き分けた。GK岩下祐太(トヨタ紡織九州レッドトルネード、神埼市)が先発出場し、再三の好セーブでチームに貢献した。惜しくも金星は逃したが、主将の土井(大崎電気)は「われわれにとっては歴史的な試合になったと思う」と実感を込めた。

 2年前は1勝もできず最下位に沈んだ日本が、成長した姿を見せた。立ち上がりから速攻などで果敢に攻め、GK岩下も好セーブを連発。前半を17―14で折り返した。課題の後半も相手の圧力に屈することなく善戦。試合終了まで残り10秒を切ってから7メートルスローで追い付かれたが、貴重な勝ち点1を手にした。

 シグルドソン監督は「勝つチャンスはあったが、現実的に考えて素晴らしいパフォーマンスだった。間違いなく、将来につながる」とたたえた。17日のカタール戦に向け、司令塔の東江(大同特殊鋼)は「この引き分けを無駄にしないように、何としてでも勝ち点を取りたい」と力を込めた。

 4チームずつ争う各組の上位3チームが2次リーグに進む。(共同)

このエントリーをはてなブックマークに追加