15日、米連邦議会議事堂を取り囲む有刺鉄線の前に立つ州兵=米首都ワシントン(ゲッティ=共同)

 【ワシントン共同】トランプ米大統領の支持者による連邦議会議事堂襲撃を受け、国防総省は15日、バイデン次期大統領の就任式が開かれる首都ワシントンに最大2万5千人の州兵を投入することを決めた。中心部は大統領警護隊(シークレットサービス)の指揮で要塞化が進んでいる。武装行動を計画中とされるトランプ支持者の動向を政府が必死に追跡する異例の厳戒態勢だ。

 ワシントンには14日、州兵約7千人が展開。連邦議会議事堂やホワイトハウス周辺にバリケードが築かれ、15日は上空を治安当局のヘリコプターが旋回した。

 20日の就任式でバイデン氏は、議事堂前で宣誓する。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加