2016年の熱気球世界選手権を誘致した佐賀市は30日、大会事務局を8月に開設することを明らかにした。海外のバルーンパイロットからの参加や飛行練習などの照会に対応するため。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加