サッカー・J1サガン鳥栖は15日、選手2人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。いずれも無症状という。

 サガン鳥栖によると、13日にJリーグのPCR検査をトップチームの選手とスタッフ全員が受けたところ、選手2人が陽性と分った。2人は11~15日に自主練習を行っていた。クラブハウスへの立ち入りはなかった。15日現在、他の選手やスタッフに新型コロナや風邪の症状は確認されていない。(岩本大志)

このエントリーをはてなブックマークに追加