佐賀県は15日、10歳未満~80代の男女35人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。1日当たりの感染者数としては最多になった。クラスター(感染者集団)が発生した鳥栖市立保育所「鳥栖いづみ園」を巡っては、新たに職員の家族ら4人の感染が分かり、関連の感染者は計26人になった。県内での感染確認は延べ733人。

 県によると、鳥栖いづみ園のクラスターの内訳は職員15人、園児4人。感染が分かった職員や園児の家族らへのウイルス検査で14日に3人、15日に4人の感染が確認されている。県内で発生したクラスターの規模としては最大と説明した。

 佐賀市は15日、市立保育所に保育士として勤務する60代女性が新型コロナに感染したと発表した。濃厚接触者が職員と園児で計43人おり、16日を臨時休園にしてPCR検査を行う。

 県などは前日に感染が分かった26人の概要も説明し、鳥栖市の30代男性は市内の麓刑務所の刑務官で、職員や収容者に濃厚接触者はいない。

 職場内での感染が広がっていることを受け、県健康増進課の井田政和参事は「親しい間柄では気が緩み、感染していないという錯覚がある。お互いに気をつけ、感染を広げないことが重要」と強調した。(円田浩二、樋渡光憲、大田浩司、岩本大志)

 県内で15日に感染が確認された人の内訳は次の通り。

【佐賀市】10歳未満の女児、30代男性2人、40代女性、60代女性、70代男性、70代女性
【唐津市】20代男性、30代男性、40代男性、40代女性、50代女性、60代男性、60代女性、70代女性
【鳥栖市】10代男性、20代男性3人、30代男性、30代女性、40代男性、50代女性、60代男性、70代女性2人
【神埼市】10代女性、40代男性、80代女性
【小城市】20代男性
【江北町】10代男性2人、50代女性
【有田町】70代女性、80代男性

このエントリーをはてなブックマークに追加