農研機構九州沖縄農業研究センター(熊本県)や県農業試験研究センターなど4団体は、コメの栄養分を吸い取る病害虫「ヒメトビウンカ」の飛来予測システムを開発した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加