町の段ボール工場がつくる 三層構造の手作り和紙マスク

全て手作業で作られている。蒸れにくく、呼吸も楽

 

けば立たないので、肌への負担が少ないそう
 

 昭和初期創業、段ボール製品を製造する松尾紙器。半年ほど前から、三層構造の手作り和紙マスクを販売しています。きっかけは、4代目社長である松尾勝靖さんの知人による「マスクを作れないか」という一言。マスクの製造は初めてでしたが、地域の就労支援施設の協力も得ながら、製造ラインを整えて商品化しました。「さらりとした快適な付け心地です。おしゃれなマスクで気分が明るくなれば」と、松尾さん。受注販売制で、白、ピンク、ブルーの3色展開。贈答品にもおすすめです。
 

DATA

松尾紙器
購入方法は電話注文のみ(生産が追いついていないので、納品は3月以降)。郵送(別途送料必要)と工場受取から選べる。​
[住]みやき町簑原3249
[☎]0942-94-2117(平日8:30-17:00)
[HP]「松尾紙器」で検索

 

 

中原販売店 龍ヶ江良さん
「あたたかみのある和紙マスク。やさしく上品な雰囲気で、お出かけ用にもぴったりです!」

DATA
住:みやき町東尾3145-1
☎:0942-81-6620

このエントリーをはてなブックマークに追加