交通事故や脳卒中などで脳が傷つき発症する高次脳機能障害者の支援者養成講座が24日、佐賀市の佐賀大学医学部で開かれた。当事者やその家族らが、専門家による講義やリハビリ実習で適切な支援のあり方を学んだ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加