雪国や五番町夕霧楼など懐かしの名画4本が500円で鑑賞できる「優秀映画鑑賞会」が29、30日、武雄市文化会館で開かれる。

 武雄市と国立映画アーカイブの主催で、毎年この時期に開いている。今年の上映作品は「雪国」(1957年)、「夜の河」(56年)、「五番町夕霧楼」(63年)、「五瓣(ごべん)の椿」(64年)の4本で、岸惠子や山本富士子、佐久間良子、岩下志麻らの名演が楽しめる。

 上映は2日間とも午前9時半からで、29日は「雪国」から4本、30日は1日目と逆の順で「五瓣の椿」から上映する。チケットは2日間通し券で、半券を使って再入場できる。問い合わせは武雄市文化協会、電話0954(23)9181。(小野靖久)

このエントリーをはてなブックマークに追加